白髪染め使いこなし術!黒染めを長持ちさせる5つの秘訣

白髪染めの黒染めを長持ちさせる方法を紹介します。就活の時に1週間だけ、1日だけ染めたい!そんなあなたにおすすめです!
MENU

使って納得!白髪の黒染めを長持ちさせる5つのコツ

白髪染めを行う際にやっぱり少しでも長く黒髪を保ちたいと思うものです。なるべく黒く長持ちするための知っておきたいポイントをご紹介します。

 

黒染めにも種類があります

黒染めは大きく分けると4つに分けることが出来ます。
まず、オシャレ染めとしてのヘアカラー、カラースプレー、ヘアマニキュア、カラートリートメントなどがあります。
それぞれ使い方や色持ちの良さなどが変わってきますから、使いたい用途に応じて使い分けましょう。

 

 

ヘアカラーは色持ち良い

ヘアカラーは何もしなくても色持ちがよく、色落ちしにくいのが特徴です。
しかし髪の毛が痛みやすいという欠点があります。
4つのカラーリングのうち最も色持ちが良いと言えます。
市販でも黒色リタッチ用のものが販売されていますから、使ってみると色持ちの良さが分かるでしょう。

 

 

カラースプレーやヘアマニキュアは?

面接など、1日だけ黒髪に戻したいという場合に使いたいのがカラースプレーです。
スプレーした部分だけ黒くなり、シャンプーで落とすことが出来るので、色々な用途に使うことが出来ます。
ヘアマニキュアは髪の毛に優しいですが、こちらも色落ちはしやすいでしょう。

 

 

乳化させることが大切

ヘアカラーやヘアマニキュア、ヘアトリートメントで黒く染めた場合、色持ちさせるためには乳化という行為が必要になります。
シャンプーする際に、少量の湯で薬液を乳化させて、髪の毛にしっかり色を浸透させるのです。
いきなりシャワーでジャーっと流さずに、少量の湯でもみこむようにすると色持ちが良いと言われています。

 

 

染めたその日はシャンプーしないこと

また、染めたその日はシャンプーしないほうが良いでしょう。
色が定着するまで時間がかかりますから、それまでは24時間、シャンプーは禁止すると色持ちが良くなります。
その他、ヘアアイロンを控えたり、ドライヤーの距離を長くしたり、熱を加えないことも色持ちの良さに関係してきますから注意しておきましょう。

 

 

陰毛の白髪染めを使いたい場合は、白髪染めトリートメントなどを用いてみるといいでしょう。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ
こちら